スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日の飯を考えるのが面倒なんでやんすよ

ぶっちゃけ、今の時代家事はすげぇ楽だと思うんですよね。

掃除→掃除機。
洗濯→洗濯機。
皿洗い→食器洗い機。
その他諸々おおむね機械が補助してくれます。ゴミ出しですら、目覚ましや
携帯がありますからね。

大変なのは子育てと料理のみ。子育ては言うに及ばずクッソ大変なのですが、料理も
選択肢が増え過ぎたせいで、毎日メニュー変えないと文句言われる時代です。
一人暮らしの学生はパスタ食ってりゃいいでしょうが(偏見)、家族がいるとなるとそうも
言っていられません。

ただ、専業主婦の価値は昔ほどではないなぁと、思います。

家事くらいきちんとやれ怒鳴られた主婦「じゃあお前がやってみろ!」→1日分の家事を半日で終了

自分は子育てはしたことないですが(恐らくその機会は永遠にないでしょうが)、料理は
家族の好みに合わせてメニューを編成していますので、本当に面倒くさい。

三食作れと言われたら、どこかで確実に手を抜きます。朝飯の残りを昼飯に出して、昼飯の
残りを夕飯に出して、メニューが被ろうが知ったこっちゃねぇよと言い張りますね。

まぁ、我が屋は朝飯という習慣がそもそもない駄目家庭だったので、メリハリを付けて
生きるということがなかなか難しいです。自分の食事当番の時はバランス良く作り食べる
ようにはしていますが、だからこそ『手ェ抜いたな』ってのはよく分かるようになってきました。

だからこそ言えますが『手抜きでもなんでも毎日積み重ねたことを蔑む必要はない』ということ。

個人の仕事量には差があります。要領が良い人もいれば悪い人もいます。普通に考えりゃ
体力がある男の方が、効率良く家事ができるのは当然でしょう。

で? それがなに?
私は今の仕事で手一杯ですけどそれがなにか?
お前ができることと、私ができることは全く違う。
そんなことも理解できないで、今まで生きて来たのかい?

サボっている自覚があるなら改善すればいいだけですし、そもそもサボりたいという感情の裏には
認めて欲しいとか、優しくして欲しいとか、寂しいという感情が含まれているのでなんとも言えません
が『できない』ことにコンプレックスを抱く必要など、どこにもない。
一日だけやる家事と毎日やる家事はまるで違う。お金もらって仕事するのと、毎日家族のために
家事をするのは全然違う。認めてくれるのが『自分』と『家族』しかいないという孤独感の
中で家事をするのは、仕事とは全然違う。

少なくとも、サボりながらでも自分が続けてきたことを自分で否定しちゃいかんよ。
他人が短時間でできる? それが一体なんなんでしょうね?

一日かけてやっても、半日かけてやっても、結果は同じ。
暮らしていけるだけのスペースが確保できりゃ、家事はそれで十分だろうに。

それはそれとして、今日の夕食のメニュー誰か考えてくれぇww

メニューファイル フチ付きタイプ A4 4ページ 2ツ折 黒メニューファイル フチ付きタイプ A4 4ページ 2ツ折 黒
(2008/02/25)
ナカバヤシ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

のりお鰻

Author:のりお鰻
性別は野郎。
好きなものは漫画。
趣味はモンハンと漫画。最近家庭菜園とポケモンが加わった。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。