スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖は克服しなくても良い

自分も普通に出歩いたりすると疲れます。将来のことを考えると疲れます。
自転車で走ってて、不意にトラウマが蘇ってきて『自分は生きてちゃいけないタイプの
人間なんだなぁ』と思うと疲れます。

全経験が『死ね』と言っているようで、非常に疲れます。

不登校だけど質問ある?

人体の構造的に、筋肉が衰えようが高校生くらいの年齢なら家出て数百メートルで疲れ
果てて帰りたくなる……なんてことはそうそうありません。個人差もありますが、ほぼ
『ない』と言ってもいいと思います。

疲れさせているのは肉体的な要因ではなく、精神的な要因。
後ろめたさや罪悪感。そういったものが疲労の原因になっています。

後ろめたいのが嫌で、罪悪感を背負うのが嫌ならとにかく行動しろと人は言いますが、
ここで行動の邪魔をするのが『今までの経験値』です。

失敗に敏感な人。失敗を繰り返してきた人……失敗して折れて立ち直れなくなった人に
『とにかくなんでもいいから行動しろ』というのは、なかなかに酷な話です。

なぜなら『怖いから』です。自覚するしないに関わらず、怖くて怖くて仕方ないからです。
その怖さを克服しろと人は言います。でも、そういう人たちは『怖さが克服できなかった
時のこと』を全く考えていません。

勇気を持って一歩踏み出して折れて、二歩踏み出して壊れた。そういう経験がない人たち
なのです。ヘタレ臆病鶏とは縁のない、勇気ある成功し続けた人生を歩んでる人達なのです。

失敗に対し厳罰がなかった人たちなのです。
失敗=毎回タイキックを食らうことがなかった人たちなのです。
加害者(タイキック)側なのです。
失敗しても『失敗していいや~』とか考えられる、能天気な方々なのです。
『とにかくなんでも全部怖い』という発想がないから、そんな残酷なことが平気で
言えるのです。

被害妄想と言えば、被害妄想です。もちろんです。自覚があります。自覚があるから
厄介なのです。自覚があっても絡みつく『失敗の経験値』は払拭できません。
一番助けて欲しい時に助けてくれなかった人たちを恨む気持ちは消えません。死んで欲しいと
願います。ぐつぐつと煮え滾るマグマのような、灼熱の憎悪は消えません。怖いけどそれ以上に
憎いのです。

そんな憎悪を抱いている、自分自身を一番嫌悪しています。世界で一番自分が嫌いで、
破壊衝動を他所に向けることもできない。怖いし憎い。だから八方ふさがりで前にも
後ろにも行けない。

なにもできないのは『怖いから』で、それを自分でもなんともできない。
自身と自信を作ってこなかった……あるいは砕かれ折れ続けてきた結果だけが、そこにあります。

だから、もういいじゃないですか?
怖いなら怖くても良い。
勇気ある決断は、勇気ある誰かに任せましょうよ、面倒くさい。
他の人間の言うことは大抵『俺はこんなに苦しんだんだから褒めろ』か『俺がこんなに苦しいん
だからお前も苦しめ』か『俺の思った通りに動け』のどれかです。
そんな奴らの言うことなんて、一切合財気にしなくてもいい。

ただ、そこにある恐怖を認めてあげるだけでいい。
自分はこんなに怖くて辛いのだと、認めてあげるだけで構わない。そんな風に思います。

自分にとっての『恐怖のイメージ』は身の丈より大きな球状で、少し冷たくて表面がざらざらして
いて、時折自分を食らってはざらついた表面で魂や心を傷つけてきます。嫌な人間の顔を模したり、
嫌なことを定期的に思い出させたりする嫌な奴ですが、普段はわりと大人しい奴です。

定期的に構ってあげないと拗ねる、寂しがり屋なのかもしれません。

さて、あなたの恐怖はどんなものでしょうか?

不安症を治す―対人不安・パフォーマンス恐怖にもう苦しまない (幻冬舎新書)不安症を治す―対人不安・パフォーマンス恐怖にもう苦しまない (幻冬舎新書)
(2007/01)
大野 裕

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

のりお鰻

Author:のりお鰻
性別は野郎。
好きなものは漫画。
趣味はモンハンと漫画。最近家庭菜園とポケモンが加わった。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。